ホーム > 主催者挨拶

全国建設青年会議 第25回大会会長を務めさせていただきます、開と申します。
 今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、全国建設青年会議の大会としては初のオンラインでの大会とさせていただきます。
 全国の医療従事者の方々のご努力に感謝と敬意を表します。また、今年も多くの地域で水害などの自然災害が発生しました。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げますとともに、復興のために昼夜を問わず御尽力された建設従事者の皆さまの御苦労と御努力に感謝いたします。

 さて、昨今の建設業全体の問題として、就業人口の減少があげられます。地域を守る建設業として今後も存続、発展していくためには現在就労いただいている皆さんの処遇改善とともに若い世代の力が必要です。やりがいや魅力は感じているものの、給与や休暇の面における不安や不満が課題となっています。また、女性の技術者も最近増えつつあるものの、まだまだ女性の割合は低く、職場環境全体の改善が必要になっています。
 今年に入り、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大し、社会に大きな影響を与えました。人と人とが接触を減らし、社会経済が減速する中で、人々の働き方に大きな変化を与えました。テレワークやオンライン会議など、今までその存在がわかってはいても、なかなか普及しなかった技術が急速に広がりました。働き方を変えるために、様々な工夫をし、新しい働き方を考えるきっかけにもなったと思います。
 建設業は、自然を相手に様々な技術とプライドを持った多くの人たちで造りあげられます。自然環境によって作業のやり方にも大きな差がでてきます。作業環境や人手不足も影響し、休暇を取りづらい現場や、残業時間を減らしにくい状況がある中で、i-constractionなどをすすめ、5Gなどの新しい技術も取り入れながら、より働きやすい環境をつくり、やりがいのある建設業をつくっていかなければなりません。
 今大会では様々なコンテンツを御用意させていただきます。それぞれの地域で活躍する建設業の皆さまと建設業に関わる方々、またこれから建設業に入ってみようと考えておられる方々と共に、建設業の未来を考える機会になればと考えます。
宜しくお願いいたします。

第25回 全国建設青年会議
大会会長
開 章夫
第25回 全国建設青年会議 大会会長 開 章夫

第25回 全国建設青年会議
大会会長 開 章夫